私のカメラ

私のカメラはLeica M Monochrom

M Monochromはデジタルなのにモノクロ専用機である。

つまり、カラーでは撮影できないということだ。

カラーで撮影したあと、モノクロにすればいいではないかと思うかもしれない。

しかし、カラーからモノクロにしたデータよりM Monochromのデータはシャープである。

私のようにモノクロでアウトプットすると決めている人には、M Momochromはベストなカメラである。

カラーで撮影したいときは、iPhoneでいいと思っている。

 

なぜ、Leicaなのか。

答えはシンプルだからだ。

フォーカス、絞り、シャッター速度のリングの3つしかない。

カメラに必要なのはこれだけだ。

 

初めて買ったカメラはCanonのEOS 5D Mark IIだった。

写真愛好家やハイアマチュアをターゲットとしたミドルクラスの一眼レフカメラである。

5D MarkIIを買った理由は、ムービーが撮影できるからだった。

ハリウッド映画でも使用されるほどのクオリティである。

写真愛好家にはハイスペックすぎるカメラだ。

このカメラには、カスタム機能がある。

ライブビュー機能、ADマイクロアジャスト、オートライティングオプティマイザー、ピクチャースタイルなどだ。

なかでも、一番困ったのはピクチャースタイルである。

風景用、人物用、ニュートラル、忠実、モノクロとそれぞれのシーンに、さまざまな設定をすることが可能な機能である。

CineStyle, Gamma Curves, CineLook, VisonColor, Crooked Flat, Marvels Cine, Shutter Down, Flattなどもある。

どのピクチャースタイルが綺麗に撮影でき、編集に向いているのかなど色々と困らされた。

また、カスタムファームウェアのMagic Lanternもある。

標準の機能に加え、さまざまなメニューが追加されるものである。

HDR合成やRaw動画を撮影することができる。

このときすでに「写真や映像について」ではなく「カメラ機能」しか調べなくなっていたのである。

常にテスト撮影を行い、新しい機能についてしか考えていなかったのだ。

さらにひどくなり、レンズ性能やカメラリグ、フォローフォーカスなどといった機材にも調べるようになっていた。

これでは良い写真や映像を撮れるはずがない。「カメラや機材のこと」しか考えていないのだから。

 

Leicaにはこのような機能はない。普通の一眼レフのようなオート機能もない。

自分でフォーカスを合わせ、絞り、シャッターダイヤルを決め、レリーズボタンを押すだけである。

とてもシンプルである。

余計な機能について考えなくていいので、被写体に集中することができるのだ。

もし、被写体に集中したいのなら、私はシンプルなカメラを使うことを勧める。

Simple is Best.