ライカM9 / M9-P / Mモノクローム / M-EのCCDセンサーに関する最新情報

CC_Sensor_960x640.png

ライカM9、M9-P、Mモノクローム、M-Eの各モデルでCCDセンサーのコーティング層が剥離する事象につきまして、今後の対応にアナウンスがありました。

 

2017年8月15日までの期間、本事象が確認できたセンサーにつきましては、改良版のCCDセンサーに無償で交換させていただきます。2017年8月16日以降につきましては、新品の購入から5年以内に本事象が発生した製品につきましては、無償でセンサーを交換させていただきます。 

2017年8月16日以降、購入から5年以上経過した製品で本事象が確認できた場合には、お使いのカメラの機能を維持するために、98,604円(税込)のオーバーホール作業と併せてセンサーを交換させていただきます。この作業には1年間の修理保証が付与されます。 

さらに、本事象が確認された当該機種をお持ちのお客様には、ライカM(Typ 240)シリーズにアップグレードしていただけるサービスをご提供いたします。

カメラ内部には、多くの機械部品が存在し、経年のご愛用でこれら部品が消耗したり劣化するとシャッターの機能に影響を及ぼします。ライカM型デジタルカメラでは、5年前後を目安にシャッターチャージ機構部の調整や劣化した部品を交換するオーバーホールをお勧めしています。

ライカM型デジタルカメラのオーバーホールには下記の内容が含まれます。 

  •  シャッターチャージ機構部の劣化部品交換と分解清掃

  •  マルチファンクションホイールの分解清掃

  •  メインスイッチおよびシャッタースピードダイヤルの分解清掃

  •  ビューファインダーの距離計調整と簡易清掃

  •  ベースプレートの開閉つまみの調整

  •  ベースプレートの保護フィルムの貼り替え

  •  トップカバー刻印のペイント剥がれ箇所の修正