絞り値

絞り値 (F値)のFとは、Focal RatioのFです。

F値は、Fナンバーなどと呼ばれることもあります。

F値は、f1.4, f2, f2.8, f4, f5.6, f8, f11, f16, f22のように表されます。

F値を小さくすると、絞りの開きが変わり、レンズを通る光の量が多くなります。

逆にF値を大きくすると、絞りの開きが変わり、レンズを通る光の量が少なくなります。

たとえば、f8からf5.6に変えると、レンズを通る光の量は2倍になり、明るさも2倍になります。

このことをF値を小さい方に1段階変えると言います。

F値を変えると、ピントが合っている部分も変わります。

ピントを合わせた位置に対して、その前後のピントが合っているように見える範囲を「被写界深度」といいます。

F値を大きくしていくとピントの合っている範囲は広くなります。これを被写界深度が深いといいます。

逆に、小さくしていくとピントの合っている範囲は狭くなります。これを被写界深度が浅いといいます。

被写界深度は、絞りの開きの大きさとレンズの焦点距離によっても変わります。

条件が同じなら、絞りの開きが大きいほど、また焦点距離が長いほど、被写界深度は浅くなります。

被写界深度を浅くしたいのなら、望遠レンズを使い、絞りを最大に開きます。

これは背景をぼかしたポートレート写真などで使われます。

風景写真では、広角レンズを使い、絞りを小さくしてできるだけ被写界深度を深くすると、細部まで鮮明に撮影することができます。

最近の高性能一眼レフカメラには、「被写界深度プレビュー」ボタンが付いているので、ファインダーで被写界深度を確認することができます。

 

私は、50mmのレンズをメインで使用しています。

そして、よく使うf値は、f8になります。

f/8では、ピントを3mに合わせたとき、近いところは2.34mから遠いところは4.19mまでピントが合っているように見え、被写界深度は1.85mになります。

 また、10.5mにフォーカスを合わせると無限遠(ディープフォーカスと呼ばれています)で、5.25mからピントが合っているように撮影できます。

 

カメラ、レンズの焦点距離、絞り値、距離を入れると被写界深度を計算してくれるサイト(Depth of Field Calculator)やアプリ(Photo Aide)があるので使ってみてください。