GTX 980 Ti on Mac Pro 5,1

gtx 980 ti on mac pro 5,1

旧Mac Proで利用できるグラフィックカードで、高いパフォーマンスを実現できるのがGTX980 tiです。

BareFeatsが行ったベンチマークでは、GTX 980 Tiに換装した旧Mac Pro (late 2010)が全てのベンチマークでトップスコアを出しており、下記のようにコメントをしています。
「旧Mac Proで5Kディスプレイ(UP2715K)を利用するなら、OpenCLとCUDAをサポートするこのGPUに変更すべき」と。

The GeForce GTX 980 Ti in the ‘late 2010’ Mac Pro tower is in a class all its own. If you want to keep your Mac Pro tower but speed up the graphics and support 5K displays like the Dell UltraSharp 27 Ultra HD 5K Monitor (UP2715K), it’s definitely the way to go. It has the added advantage of supporting both OpenCL and CUDA.
— http://barefeats.com/imac5k17.html

この記事を見て、GTX 980 Tiにアップグレードすることにしました。

私としては、新品が手に入るうちに、MacProの延命対策をしておいたほうが良いと考えているからです。ちなみに、今まで載せていたGPUは、純正のRadeon 5870 (1GB GDDR5メモリ搭載)でした。

 

今回購入したのは、ELSA製のGTX980 Tiです。

 

必要作動環境を見ると、

PCI Express 8ピン電源コネクタ × 1
PCI Express 6ピン電源コネクタ × 1

と記載されています。

Mac Proの電源ケーブルは6ピンなので、1本を6ピンから8ピンに変換する必要があります。

 

このグラフィックカードはWin用ですが、最新のNVIDIA CUDAとWeb DriverをインストールすることでMacでも使用できます。

ドライバーは下記からダウンロードできます。

NVIDIA CUDA 7.5 FOR MAC OS X RELEASE

Which Driver Should I Install for My New GPU?

必ず先にドライバーを入れてから、GPUを交換してください!