Leica M Monochrom (Typ 246)のレビュー

Typ 246はセンサーが1800万画素のCCDセンサーから2400万画素のCMOSセンサーにアップデートされたレンジファインダー機です。

M9 monochromと比べるとISO高感度耐性が改善されたようです。

Typ 240で使用されたCMOSIS社製CMOSセンサーの白黒版CMOSセンサーが使用されています。

Typ 246には2GBのバッファメモリーとM9 monochromより3倍速いと言われているライカ・マエストロが搭載されています。

 

Leica M Monochrom (Typ 246) Pros

Full-frame 24megapixel black and white CMOS sensor
Live view and focus peaking
Monochrome FullHD video recording
Impressive resolution and detail
Unique black and white digital rangefinder
High ISO noise performance
Adobe Lightroom included
AdobeDNG raw images
Excellent build quality
2 year warranty

ライカMモノクローム (Typ246)の長所は

  • フルサイズ24メガピクセル白黒CMOSセンサー
  • ライブビューとフォーカスピーキング
  • モノクロームフルHD動画撮影
  • 印象的な解像度とディテール
  • 格別の白黒デジタルレンジファインダー
  • ISO高感度耐性
  • Lightroom付属
  • DNG形式のRAW
  • 優れた製品品質
  • 2年保証

 

Leica M Monochrom (Typ 246) Cons

Cost - although could be justified
Rangefinder with manual focus and aperture

ライカMモノクローム (typ246)の短所は

  • 値段 - 正当なコストであるが
  • マニュアルのフォーカスと絞り

 

The Leica M Monochrom (Typ 246) brings the monochrome Leica M digital rangefinder up to date, and offers exceptional black and white image quality.

ライカMモノクローム(Typ 246)は最新の白黒レンジファインダーで、卓越した白黒のイメージクオリティを提供してくれます。