ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展に行ってきた。

ソール・ライターとは

1950年代からニューヨークで第一線のファッション・カメラマンとして活躍しながら、1980年代に商業写真から退き、世間から姿を消したソール・ライター(1923-2013)。写真界でソール・ライターが再び脚光を浴びるきっかけとなったのが、2006年にドイツのシュタイデル社によって出版された作品集だった。時に、ソール・ライター83歳。この新たな発見は大きなセンセーションを巻き起こし、その後、展覧会開催や出版が相次いだ。2012年にはドキュメンタリー映画「写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと」(日本公開は2015年)が公開され、その名前と作品はさらに多くの人々の知るところとなる。
本展は、ニューヨークのソール・ライター財団の全面的な協力を得て、同財団所蔵の200点以上の写真作品(モノクロ、カラー)、絵画作品、その他貴重な資料を一堂に集め、天性の色彩感覚によって「カラー写真のパイオニア」と称されたライターの創造の秘密に迫る日本初の回顧展である。
 Scarf, 1948 by Saul Leiter ⒸSaul Leiter Estate

Scarf, 1948 by Saul Leiter ⒸSaul Leiter Estate

日常の風景、普段ありふれたものの中から美しい瞬間を切り撮った写真は、とても美しかったです。彼の作品が、日常で見逃してしまっている些細な景色の中にある「美」の存在を思い出させてくれます。

また、使用していたLeica M5とSummicron 50mm f2も展示してありました。カメラが小型化したことにより、撮ることができた写真なのだと分かります。

6月25日(日)まで展示をしているので、ぜひ行ってみてください!