シャッタースピード

シャッタースピード(SS)とは、シャッターが開いている時間のことです。

シャッタースピードは、1/8、1/15、1/30、1/60、1/125、1/250、1/500、1/1000、1/2000、1/4000のように表します。

シャッタースピードを速くすると、光が入る時間が短くなり、シャッタースピードを遅くすると、光が入る時間が長くなります。

シャッタースピードを変えると、動きのある被写体の写り方が変わってきます。

シャッタースピードが速いと、動いている被写体が止まっているように写りますが、シャッタースピードが遅いと被写体が動いてブレているように写ります。

シャッタースピードを遅くすることでブレを効果的に使うことで、被写体の動きを表現したりすることができます。

シャッタースピードを1/60から1/125に変えることを、1段速くするといい、シャッターが開いている時間が1/2になります。

シャッタースピードを1/125から1/60に変えることを、1段遅くするといい、シャッターが開いている時間が2倍になります。

ほとんどの動きは、シャッタースピード1/500で止まったように撮ることができます。

しかし、被写体が近い場合、一瞬で動くため、シャッタースピードを1/2000まで上げる必要があります。

 

私は、よくシャッタースピード1/125使っています。

シャッタースピード1/125は手ぶれの影響を減らすのに適していると言われています。

そして、シャッタースピード1/125は比較的緩やかな動き(人が歩いているような)を撮影するのに適しています。