写真

リアリズム(ドキュメンタリー、ストリートフォトグラフィーのような)であり、

そこに曖昧さ(印象派)が必要になってくる。

完璧な完全さは見たものの興味を奪う。

人は驚きを再発見することを好む。

人が嫌うのは先を予測できない(ストリートがないもの)こと。

無意味なもの(ボケ、ブレ、影など)が写ることでより印象的な写真となる。

またポートレートでは、人物の思考、呼吸、雰囲気、視線など感覚的なことが大切になってくる。

これが完璧な完全さから感覚的な完全さに変わる。

写真の魅力はこの感覚的な完全さだろう。

そして、写真家には重要なシーンを見逃さない直感が重要だと考える。